Category

脱毛部位

脱毛比較 脱毛部位

全身脱毛の費用

全身脱毛もメジャーになってきましたが、脱毛する範囲が広範囲なため、どうしても安い料金というわけにはいきません。

全身脱毛の費用は、50万円~100万円くらいというところがほとんどですが、レーザー脱毛の効果によって費用に個人差もでてくる場合があります。抜けが悪くて回数が多くなれば、それだけ費用もかかってしまうからです。

エステでの脱毛ではまだまだ出力が弱い機械で脱毛を行ってるところが多いので、全身脱毛となると確実性も低くなります。30万円くらいで永久保障などといっているサロンもありますが、抜けない挙句に店を閉めてしまうという事例も聞きます。あるいは、追加で脱毛をすすめられ、よけいに脱毛料金を請求されるケースもあるようです。

全身脱毛の場合、費用も安くはありませんので、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。また、全身脱毛と言っても、脱毛する部位と脱毛回数を指定しているところが多いので、自分が脱毛したい部分がきちんと含まれているか、自分がその回数できちんと脱毛が終了するかなどカウンセリング時に確認することが大切です。高額な費用をかけて、中途半端な脱毛で終わるんでは悲しいですからね。

脱毛部位

背中の脱毛

背中に毛が生えている人がいます。薄い毛ですが、背中という処理をしにくい場所ですし、手入れが大変で、だけど綺麗な背中を見せたいという欲求もあります。そこで背中の脱毛ということになります。

また薄い毛でも密集しているとかなり毛深く見えてしまい、脱毛を考える人も多いようです。

背中の場合、他の部位に比べ毛が薄いのでレーザーが得意とする部位ではありません。個人差が大きく、レーザー脱毛しても上手く抜ける人もいれば、なかなか抜けない人もいます。中にはレーザー脱毛後に濃い毛が生えてきたということもあります。濃い毛といっても全ての毛が一気に濃くなるというわけではなく、変質した毛の一部が濃くなるというものです。

この場合、濃くなったことでレーザーが効きやすくなりますが、一時的にはとても悲しい気持になりますよね。

背中の脱毛はこれからの脱毛の課題でしょう。こういった説明をしっかりしてくれないクリニックでの脱毛は要注意です。

脱毛部位

手足の脱毛

手足は多くの女性がそれほど濃い毛が生えていませんが、中にはしっかりとした毛が生えている人がいます。あるいは他の人からみると毛深く見えないのに本人が手足の毛を毛深いと思いこんでいる人もいます。

手足の脱毛は普段は剃っている事が多いと思いますが、手間と肌への負担を考えるとレーザー脱毛が選択肢に入ってきます。自己処理を繰り返すことにより、毛が太く見えていたり、肌にトラブルを抱えている女性も多いのですが、それもレーザー脱毛で解決できます。

幸い濃い毛はレーザー脱毛は効果が出やすいし、敏感な肌にも安心なので手足の脱毛にもレーザー脱毛はもってこいです。

レーザー脱毛で濃い毛が抜けてしまえば目立つこともないですし、コンプレックスをなくして人生をエンジョイできますね。

脱毛部位

VIOラインの脱毛

Vラインの脱毛ははワキ脱毛の次に人気の部位。思いのほか、Vラインをレーザー脱毛で処理する人は多いのです。

Vラインは夏になると、もしくは夜になると処理していないと困る部位だからです。旅行に行ったりするときなんかもお手入れに悩みますよね。

人によってはVラインに剛毛がびっしりと生えています。Vラインは特に皮膚がデリケートなので、剃ると埋没毛などで赤く炎症を起こしたりもしやすい部位です。これではプールに行くのも困りますし、夜になると電気を消さざるをえません。そこでレーザー脱毛の出番です。

Vラインも比較的濃い毛が多いので、レーザー脱毛の効果は出やすい部位です。
Vラインを超えてどこまで薄くするかが問題ですが、いっそのこと全てなくしてしまっても良いかもしれませんね。

肛門周りやIラインの脱毛はなかなか人には聞けない部位かもしれませんが、美のこだわりからすると非常に重要な部位です。

Vラインだけでなく肛門周りやIラインの脱毛をすることによって夜の活動時に恥ずかしい思いをせず、より積極的に楽しめるようになるでしょう。

最近では、人に見られるからというのではなく、美への追求、自己満足のためにこういった部位まで脱毛する人も多いようです。自分のお尻の穴を眺めている人がいるとはあまり想像できませが・・・。

ただし、肛門周りやIラインを脱毛する場合、毛が濃いのは良いのですが、色素が濃い人がいますので注意が必要です。これらの脱毛処理になれていないクリニックでは、出力が強すぎてヤケドを起こしてしまう可能性もあります。まして、エステサロンでは危険です。ヤケドの被害を出して違法性がばれるというエステサロンがたまに報道されています。

最近では気軽に脱毛できるというイメージが先行していますが、肛門周りやIラインの脱毛に関しては特にクリニックを選ぶ際に注意したいですね。

脱毛部位

ワキ脱毛

脱毛と言えば最初に考えるのがワキの脱毛ではないでしょうか?

ワキは比較的誰もが濃い毛を生やしている場所です。たま~にワキ毛が好きな男の子がいたりするので、生やしていても良いかもしれませんが、ほとんどの人はワキ毛が無いツルツルのワキの下を好みます。(うっすらとした毛なら珍しいので残しておく価値があるかもしれません。)

ワキ毛は、特に夏の薄着の季節になると人に見られてしまうのは気になりますよね。つり革をもったりするとTシャツでも袖の部分からワキ毛が顔を出します。冬でもワキ毛が残っていることで男女の関係にミゾが出来てしまうなんて話も。

また長年、カミソリで剃り続けたワキは、皮膚もボロボロになってしまい、おばあちゃんみたいな肌になる人もいます。

これらを未然に防げるのがワキ脱毛です。これは既に常識、いや義務と言っても良いかも知れませんね。

ワキの下の毛は比較的毛が濃いのと範囲も狭いので、レーザー脱毛であればほぼ確実な永久脱毛ができます。 ワキ毛の脱毛をレーザー脱毛で行うのはいまやメジャーになっており、各クリニックでもワキ毛の脱毛をキャンペーン料金で安価で行うところが増えているのはうれしいことです。

わき脱毛の処理に必要な回数は?

脱毛を専門家に任せて、わきなどのムダ毛処理から解放されたいと思っている女性は非常に多いはず。
ではいったい、どれくらいの期間で完全に脱毛処理が終了するのでしょうか。
もし、あなたの近辺に詳しくご存知の方々がいらっしゃるのであれば良いのですが、ご存知ないかたも多数いるでしょう。

医療レーザーを利用した脱毛については、例えばわきの処理を行う際には、個人の毛周期にもよりますが、通常は約2ヶ月程度で処理が完了となります。
ただし、脱毛の処理に有する期間については、各個人により差がでます。
レーザー脱毛により、わきの脱毛処理1回に掛かる時間ですが、約10分程度で完了します。
その後は早い方々であれば3回程度の処理で永久脱毛が完了します。

ただし、通常の方々は6回程度、1年~1年半の期間を利用して永久脱毛がようやく完了します。わきのムダ毛について、レーザー脱毛をする場合ですが、10代~20代の若人よりも、40代の方々が少ない回数で終わることが多くなっている傾向が見られます。

Close